【横浜】ストレスチェック業者にシステム導入を委託する前の準備

これから職場でストレスチェック制度のシステムを導入しようと考えている方の中には、「何から始めて良いか分からない」「必要性についていまひとつ理解できていない」という方も多いのではないでしょうか。昨今、労働者のメンタルヘルスの不調が社会的にみても非常に深刻な問題となっています。職場におけるストレスも要因のひとつであり、企業が率先して職場環境の改善に努めることは必須と言っても良いでしょう。

こちらでは、ストレスチェック制度が義務化された背景に迫り、さらに具体的にどのような手順を踏んで準備を進めていくと良いかについて分かりやすくご紹介していきます。横浜でストレスチェック業者をお探しの方は、ウインテックにご相談ください。横浜を中心に、関東地域の企業様のストレスチェックシステム導入をサポートいたします。

ストレスチェックのシステムを導入する前に確認を!ストレスチェック制度が義務化された理由

ストレスチェック制度が義務化された理由

横浜・関東でストレスチェック業者によるシステムの導入を検討する前に、こちらではなぜストレスチェック制度が義務化されたのかについてみていきたいと思います。

ストレスチェックが常時50人以上の労働者がいる企業に義務付けられた背景には、日本におけるメンタルヘルスの不調を訴える人や自殺を図る人の増加などがあります。ここ数年自殺者の数は高止まりしているものの、世界的に見て自殺者数が多いことに変わりはありません。

メンタルヘルスに関する問題が職場での過度なストレスによるものであると考えられるきっかけになったのが、1984年に認定を受けた31歳男性の過労自殺です。国内で初めての労災認定がおりたこの事案を発端として、国は労働安全衛生法の改正に乗り出しました。

2015年のストレスチェック制度の義務化に至るまでの間、国は精神障害を訴える人や自殺者の増加という社会状況を踏まえ、法制度を整えるなど労働者を取り巻く環境の整備に尽力してきたのです。しかし、その後も社会状況の大きな改善は見られず、現代においてとくに20代、30代などの企業の中核を担う若者たちを、自殺によって失うケースが社会問題となっています。

法整備を進め、地域に相談窓口を設置したり、時間外労働時間の制限などを盛り込んだりしましたが、精神障害により労災認定を受ける人が後を絶たないのが現状です。この現状を踏まえ、労働安全衛生法の改正に伴いストレスチェック制度を義務化しました。

ストレスチェック業者をお探しの方に導入の準備について解説

ストレスチェックの導入について解説

横浜・関東でストレスチェック業者について調べている方や具体的にシステムを導入しようと考えている企業にとっては、何をどう始めたら良いのか分からないというところも多いのではないでしょうか。こちらでは、制度を導入する前の準備として確認しておきたい8つの項目についてみていきたいと思います。

実施者

ストレスチェックを実施する人に関しては、国で規定があります。医師や保健師、厚生労働大臣が定めた研修を修了した歯科医師、看護師、精神保健福祉士によって行われる必要があるのです。

実施の時期

ストレスチェックは、年に一度実施することが決められています。外部に委託する際には、いつ実施するのかについて相談する必要があるでしょう。

実施内容および方法

実施に際し、どのような調査票を用いるのかというのを決めていきます。厚生労働省によると、以下の3項目を満たしていなければなりません。

  1. ストレスの原因に関する質問事項
  2. ストレスが原因の心身の自覚症状に関する質問項目
  3. 労働者に対する周囲のサポートに関する質問事項

労働者に紙媒体で回答してもらうのか、あるいはWEB上で回答してもらうのか方法も決めていきます。労働者の年齢や職場環境によっては、紙媒体のほうが良いという場合もあるでしょう。

判別方法

高ストレス者をどのような方法で選定するのか、ということも重要です。流れとしては、心身のストレス反応の点数の合計が一定数以上あり、仕事のストレス要因や周囲のサポートの評価点数が著しく高い場合を高ストレス者として選定します。厚生労働省にマニュアルがあるため、それに沿って正しく判別されることが求められているのです。

面接指導の申し出先および依頼する医師

面接指導は、本人から申し出があった場合に実施することができます。しかし、職場に窓口を設けても申し出にくいという方が多く、結果として面接希望者が出ないことも珍しくありません。それを避けるためにも、外部の企業が取りまとめ、面接希望が出しやすい環境を整えることをおすすめします。また、実際に面接指導を依頼する医師の選定も必要です。

集団分析の方法

集団分析を行う場合、個人が特定されないような配慮が必要となります。

結果の保管方法および個人情報保護

結果に関しては、経年変化をみるうえでも5年間は職場で保管するのが望ましいでしょう。また、労働者個人のプライバシーに関わる繊細な情報を取り扱っているため、情報が他に漏れないようセキュリティを強化することも重要です。

横浜でストレスチェック業者をお探しならウインテックへ システム導入の実績が豊富

ストレスチェック制度におけるシステム導入の際には、厚生労働省が示したガイドラインやマニュアルに沿って適切に準備を進めていくことが重要です。何から始めて良いか分からないという方も、準備におけるポイントを押さえつつ、必要であればストレスチェック業者に委託するという選択肢を考えてみるのも良いでしょう。

横浜でストレスチェック業者をお探しの方は、ぜひウインテックにお任せください。これまでにストレスチェックに関するシステム導入の実績があり、シンプルな料金体系と企業様の現状に柔軟に対応するサービスが喜ばれています。制度に関しての質問はもちろんのこと、外部委託するかどうか悩んでいるという場合もお気軽にお問い合わせください。

ストレスチェックを導入する際のお役立ち情報はこちら

横浜でストレスチェック業者をお探しならウインテックへ

会社名 株式会社ウインテック
住所 〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町3丁目63−1 パークアクシス横濱関内SQUARE 3F
TEL ストレスチェック専用ダイヤル:045-225-8500
MAIL info@win-smile.com
営業時間 10:00 ~ 17:30(土日祝を除く)
URL https://www.win-smile.com
PAGE TOP