ストレスチェックは義務!会社の職場改善のために集団分析を依頼しよう!

ストレスチェックは、ただ実施するだけでは意味がありません。部署・年齢・性別などに分けた集団分析が大切です。努力義務ではありますが、積極的に取り入れていただくことをおすすめします。

集団分析を行えば、各グループが抱える問題が分かり、会社の職場改善に大きく役立てることができます。

こちらでは集団分析について、詳しく解説いたします。ぜひチェックしてください。

ストレスチェックの集団分析を導入して職場改善!

Stress check is obligatory

ストレスチェックは、労働安全衛生法の改正により2015年に義務化されました。

ストレスチェックにおいて、努力義務である一つに集団分析があります。

ストレスチェックの集団分析は、部署・年齢・性別などに分けて分析するものです。

ストレスチェックの集団分析を行うことにより、会社が抱えている問題や、メンタルヘルスに不調をきたすリスクを知ることができ、職場改善に活かすことができます。

集団分析では標準的な集団の結果と、自社の結果を比較することもできます。

自分の会社がどれほどリスクを抱えているのかを可視化できるため、より現実的な職場改善に向けた対策ができるでしょう。

また、集団に分けて分析することで、高いストレスを抱えている集団を洗い出して細やかに対応することも可能です。高負荷の集団から低負荷の集団に業務を分散することや、人間関係の問題への気づきなど、見落としてきた対応や発見ができます。

従業員のメンタルヘルスが健康に保たれれば、業務の効率化が進み会社の業績アップも見込めるでしょう。

ストレスチェックの集団分析は、会社の大切な財産である従業員を守り、健全な経営を維持するために欠かせないのです。

ストレスチェックの集団分析で押さえておきたいポイント

Points to keep in mind in the stress check group analysis

ストレスチェックの集団分析を実施する場合は、3つの点に気を付けましょう。

ポイントを押さえれば、職場改善に必要なことが見えてきます。

できるだけ多くの従業員が受検する

正しく社内の現状を知るためには、1人でも多くの受検者が必要です。受検人数が少ないと、ストレスチェックを導入する意義がありません。できるだけ従業員全員が受検できるように、受検方法を検討して周知徹底しましょう。

すでにメンタルヘルスに問題を抱えている人の場合は、こうしたチェックに過敏になっていることがあります。プライバシーの保護をはじめとした、受検による不利益がないこともしっかりと伝えて、安心して受検できる環境を整えることも大切です。

1つの集団は10人以上が理想

集団分析を行う際は、1つの集団が10人以上になるようにしましょう。人数が少ないと回答から個人を特定される可能性が高く、不安に思う人が多いためです。

また、10人以下の少人数では分析結果が偏りやすく、正確に現状を把握できません。少人数の事業所の場合は無理に集団を分けず、10人以上のグループを作ることを優先したほうがよいです。

ウインテックのストレスチェックは、集団分析にも対応しております。分析区分をご提示いただければ、ウインテックで効果的な振り分けや確認作業が可能です。

ご不明な点がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

義務化されたストレスチェックを会社で実施するなら!

2015年にストレスチェックが義務化され、実施して初めて会社の問題点を認識した企業はとても多いです。集団分析を行えば、さらに細かく問題点が可視化され、部署・年齢・性別など各グループに対して必要な対応が見えてきます。

職場改善は、健全な経営には不可欠です。従業員が笑って仕事ができる環境づくりのために、ぜひ役立ててください。

ストレスチェックの集団分析のご依頼なら、ウインテックにお任せください。担当者が、会社のお力になれるよう手厚くサポートいたします。無料相談を実施していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ストレスチェックの集団分析の依頼ならウインテックへ

会社名 株式会社ウインテック
住所 〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町3丁目63−1 パークアクシス横濱関内SQUARE 3F
TEL ストレスチェック専用ダイヤル:045-225-8500
MAIL info@win-smile.com
営業時間 10:00 ~ 17:30(土日祝を除く)
URL https://www.win-smile.com
PAGE TOP